新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

太陽光発電システム設置の流れ

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

太陽光発電システム設置までの流れ

 

【太陽光発電システム設置の流れ】

 

電力自由化とあわせ、一戸建て節電の強い味方、それが太陽光発電システムです。

 

理由は、無尽蔵でクリーンなエネルギーが使えること、自分の家で発電し余った電気を電力会社に買い取ってもらうことができるから。

 

また買取価格は毎年見直されますが、契約時の買取価格が10年間継続するのも魅力的。

 

 

 

【太陽光発電システムで失敗する人の特徴】

 

太陽光発電システムの購入で失敗する人の多くは、太陽光発電をよく知らない、調べもしないで始めています。

 

どんなものにもメリットやデメリットがあります。太陽光発電システムは高額な商品で、自動車のように数年で買い替えることもできません。

 

 

 

【情報を集める】

 

太陽光発電システムで失敗しないためには、資料や情報集めが必要不可欠です。

 

・インターネット
・じっさいに取り付けている人に話を聞く
・展示場、イベント
・カタログ(パンフレット)

 

で、情報を集めます。

 

訪問販売のように一か所のみでなく、複数の場所から情報を集め、決めるのが基本。

 

設置をすぐに決めようとせず、少し時間をかけましょう。設置に反対する家族の意見もよく聞き、家族全員が納得するまでよく話し合うことが大切です。

 

 

 

【自己分析をする】

 

屋根の形、住宅の太陽への向き(屋根の方角)、木や建物の影、屋根の傾斜角度、面積、住宅の築年数など、太陽光発電システムの設置について同じ条件はほとんどありません。

 

南向きが理想的ですが、東向き、西向きでも設置可能です。東面、西面では南面の約85%の出力が出るといわれています。

 

屋根の方角と同じくらいに発電効率が左右される原因が屋根のこう配で、理想的なこう配は基本30度です。。

 

 

 

【国や自治体の補助制度を活用する】

 

太陽光発電システムの導入には、国や地方公共団体の補助制度があります。国の補助金の有無や金額は毎年変わります。もらえるものは漏らさずもらいましょう。

 

 

 

【希望の製品を決める】

 

性能や価格で希望の製品を決めます。そして一社だけでなく、必ず複数の業者から見積もりをとります。

 

ただし、極端に安い業者は手抜き工事が心配なので注意が必要です。

 

 

 

【予想発電量を忘れずに出してもらう】

 

太陽光発電システムを設置する理由は、節約と売電です。

 

必ず見積もりの時に予想発電量を出してもらいます。

 

屋根の方角、形状から何キロワットのシステムを設置したら、毎日どれくらいの発電量があり、いくら程度の売電が可能なのか、予測したデータをもらいます。

 

 

 

【必ず複数社から見積もりをとる】

 

見積もりをとるとき、必ず複数社から見積もりをとりましょう。たとえ同じメーカーの同じ製品だとしても、設置費用や値引きなどで100万円の差がつくこともあるからです。

 

無料一括見積もりサイトのタイナビスゴエネならば、一度で複数社から見積もりをとることが可能です。時間も1分程度しかかかりません。

 

 

 

【契約そして工事。補助金の申請】

 

業者と契約すると工事がはじまります。契約どおり工事がおこなわれているか、立ち会ってチェックします。

 

また、補助金の申請などは業者に依頼するのが一般的。もちろん、自分で申請することも可能です。

 

>>【タイナビ】太陽光発電の全国優良業者、見積比較

 

>>>太陽光発電システムの維持と売電

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ