新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

太陽光発電システムの弱点

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

太陽光発電システムの弱点

 

【太陽光発電システムの弱点】

 

太陽電池の発電量は、太陽光があたっている時間と量など、様々な要因で変化します。

 

雨や曇りによって日射量が小さくなったり、夏の暑さでモジュール温度があがれば、発電量も約2割低下します。

 

ここでは、太陽光発電システムの弱点をお教えします。

 

 

 

【最も注意が必要な「影」の影響】

 

太陽電池に太陽光が当たり、電気を発電する太陽光発電システム。その太陽電池にビルや建物、電柱、樹木の影がかかれば、発電量は低下します。

 

それが一日だけのことならまだしも、毎日になれば発電量のロスは馬鹿になりません。

 

 

 

【落ち葉や鳥の糞】

 

砂埃ならば、雨や風で洗い流されるため影響はほとんどありません。ただしパネルの設置角度が水平に近い場合は、汚れが流れにくくなるため注意が必要です。

 

落ち葉や鳥の糞がついたままでは発電量が落ちるので、自然に落ちなければ中性洗剤で早めに洗い流しましょう。

 

 

 

【積雪】

 

雪の降る地方の場合、パネルの上に雪が積もれば発電できません。ただし、雪が薄く積もった程度ならば、パネルの蓄熱と気温によって雪は溶けます。

 

 

 

【火山灰・粉じん】

 

火山灰が降る地域、排気ガスの出る交通量の多い道路に面した住宅は、定期的な掃除が必要です。

 

屋根の雪下ろし同様、高いところでの作業には危険が伴います。専門業者への依頼も考えましょう。

 

 

 

【設置前に地域性も考える】

 

太陽光発電システムは、住宅の屋根のうえに設置することがほとんど。一度取り付けたら、簡単に外すことはできません。

 

そこで、台風や雪、火山灰、塩害などへの耐久力も知っておきましょう。

 

・台風

 

建築基準法により、秒速60mの風圧に耐えられるよう設計されています。風速54mを気象用語で「猛烈な台風」と呼ぶため、システムはそれ以上にも耐えられることになります。

 

・雷

 

パワーコンディショナーに避雷器が組み込まれているので安心。

 

・あられ、ひょう

 

厚さ約3ミリの強化ガラスを使用。あられやひょうでは傷つきません。

 

・積雪

 

50センチ以下であれば問題ありません。ただし、厚い雪でパネルが覆われていると発電できません。

 

・火山灰

 

パネル表面に付着した火山灰を掃除すれば、発電量は戻ります。

 

・塩害

 

海の近くでは塩害で太陽電池などが腐食しやすく。パワーコンディショナーも屋内に移したほうがいいでしょう。

 

 

 

【発電量の定期的なチェックをしよう】

 

基本、掃除やメンテナンスは不要な太陽光発電システムですが、落ち葉や鳥の糞など発電の妨げになる何かが発生することもあります。

 

たまに電力量計を調べ、発電量に大きな変化がないか確認するようにしましょう。

 

 

 

【太陽光発電システムの寿命】

 

機械的に可動する部分がないため、システムの故障などは少なく。

 

ただし、パネルの寿命は、20年から30年。パワーコンディショナーは、15年程度です。

 

>>【タイナビ】太陽光発電の全国優良業者、見積比較

 

>>>太陽光発電システムの故障と出力低下の原因

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ