新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

太陽光発電のデメリット

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

太陽光発電システムのデメリット

 

【太陽光発電システムのデメリット】

 

太陽光発電は、いろいろな点で優れています。

 

・電気を作るときに地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない
・無尽蔵のエネルギーが利用できる
・日々の電気料金が削減できる
・売電もできる
・国産のエネルギーで安定供給が可能
・設置場所を自由に選べる
・発電規模も自由に選べる
・保守が簡単で長寿命のシステムである
・設備が簡単
・発展途上国での導入も容易

 

上記のように、たくさんのメリット(利点)をもつ太陽光発電システムですが、残念ながらデメリット(欠点)もあります。

 

 

 

【本体価格を含めて費用が高い】

 

太陽光発電システムの価格は、1993年では1kWあたり370万円ほどでした。現在は、1kWあたり60万円ほどになりましたが、まだ高コストであることにかわりはありません。

 

標準家庭(4kW)で、200〜300万円かかります。なお、国や自治体の補助金制度と、余剰電力買取制度とあわせて利用すれば費用が削減できます。

 

 

 

【発電量が天候で一定しない】

 

太陽光を電気エネルギーに変えるため、太陽電池に太陽光が当たらなければ電気になりません。夜間は発電できませんし、発電量は天候や季節に左右されます。

 

太陽光発電の発電量は、太陽電池の性能、システムの大きさ、太陽への向き(設置環境)など、いろいろな要因で異なります。

 

最も影響を受けるのが、以下の3条件です。

 

・日射量
・日照時間
・モジュール温度

 

 

 

【日射量とは】

 

日射量とは、太陽の放射エネルギーのこと。日射量が多ければ発電量も増えます。

 

 

 

【日照時間】

 

太陽電池は、太陽の光が当たることで発電します。つまり、日照時間が長ければ長いほど発電するのです。

 

 

 

【モジュールの温度】

 

太陽電池には、ある特性があります。それは、温度が上昇すると、発電量が減少するというもの。

 

つまり、夏のように日照時間が長く、強い日射しが降りそそいだほうが発電量がおおいように感じますが、そうではありません。

 

太陽電池の半導体によっても異なりますが、基準温度の25度と夏の70度を比較すると、約2割も夏のほうが発電量が減少します。

 

結果として、日射量の多い8月よりも気温がそれほど高くない5月(春)の発電量のほうが多くなります。

 

 

 

【直達日射と散乱日射】

 

太陽光には、直接物質に照射される「直達日射(ちょくたつ)」と、大気の分子などで反射した「散乱日射」があります。

 

部屋の照明にも、ダウンライトのような直接照明もあれば、壁に光を反射させて柔らかく部屋を照らす間接照明があります。同じようなものと考えていいでしょう。

 

太陽電池は、このどちらにも反応し発電します。ただし、曇りや雨の日は日射量が小さくなるため、発電量も低下します。

 

全国的にみて、日照時間が長い地域は山梨県や宮崎県です。

 

>>【タイナビ】太陽光発電の全国優良業者、見積比較

 

>>>太陽光発電システムの弱点

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ