新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

太陽光発電システムとは

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

太陽光発電システムとは

 

【太陽光発電システムとは】

 

火力発電では、化石燃料を燃やして水を沸騰させ、その蒸気で発電機とつながったタービンを回して電気を起こします。水力発電は、ダムに貯めた水を発電機とつなげたタービンに落として回すことで電気を起こします。

 

太陽光発電システムは、太陽から降りそそぐ光のエネルギーを直接、太陽電池で電気エネルギーに変換する発電方法です。

 

 

 

【太陽のエネルギーは莫大】

 

太陽の光エネルギーは莫大です。

 

もしも、地球上に到達する太陽光をすべてエネルギーに変換したら、たった1時間で世界中の年間消費エネルギーをまかなうことが可能です。

 

太陽から請求書は届きません。太陽の寿命があるかぎり、この莫大なエネルギーをわたしたちは使えるのです。

 

なお太陽の寿命は50億年といわれており、ほぼ無尽蔵のエネルギーといっても過言ではないでしょう。

 

 

 

【枯渇性エネルギーと再生可能エネルギーのちがい】

 

枯渇性エネルギーとは、いつか枯渇してしまうもの。石油や石炭、天然ガスのような化石燃料と、ウラニウムのような核燃料を指します。

 

再生可能エネルギーとは、自然の力から得られるエネルギー。太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどがあります。

 

 

 

【再生可能エネルギーの特徴】

 

太陽光を利用することで、住宅用・非住宅用ともに大幅な発電コストの低下が期待できます。

 

風力は発電コストが低く、地熱は安定的な発電が可能。温泉の多い日本では豊富に存在します。安定的な発電が可能な水力。燃料の種類によって費用が大きくかわるバイオマス。

 

再生可能エネルギーには、さまざまな特徴があります。

 

 

 

【太陽光発電システムの設置費用の目安】

 

だいたい4kWタイプで約200万円が目安です。設置費用が低下していることや、国や自治体の補助金制度もあります。

 

電力自由化で、無料で太陽光発電システムを設置してくれるじぶん電力のような新サービスも生まれました。

 

 

 

【太陽光発電システムの種類】

 

太陽光発電システムの心臓部は、太陽電池。太陽電池は、光をエネルギーに変換します。ただし、電池といっても蓄電はしません。

 

直流電流を交流電流に変換するインバータ、電力の質力品質を制御する保護装置をあわせて、パワーコンディショナーが必要です。

 

作った電気をそのまま使うのか、または作った電気を蓄電池に貯めるかの違いもあります。

 

 

 

【独立型と系統連係型】

 

・独立型

 

もともと太陽光発電システムは、人工衛星の電源として実用化・使用されました。電線のない宇宙空間でエネルギーを得る方法だったのです。このように送電線につなげない場所で利用されるものを独立型と呼びます。

 

独立型タイプは、街路灯、災害時に活躍するモバイル発電機、人工衛星などに活用されています。

 

独立型は、太陽光さえあればどこでも発電できるため、消費電力が少なくて発電量が十分なら日常と変わらない生活ができるうえ、省コストなのが特徴です。

 

・系統連係型(けいとうれんけいがた)

 

太陽光発電システムには蓄電機能がありません。

 

一般住宅で利用する場合、送電線を通じて電力会社から電気を供給してもらう必要があります。曇りの日や、夜は電気が使えなくなるから。これが系統連係型です。

 

>>【タイナビ】太陽光発電の全国優良業者、見積比較

 

>>>太陽光発電のメリット

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ