新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

寒い冬こそ窓を断熱して節電する

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

暖房の熱は窓から48%も逃げていく(断熱のススメ)

 

【冬の節電エネルギー対策】

 

寒い冬。いくらヒーターやエアコンをかけても、すきま風がどこからか入ってきて暖かくない。

 

その原因は、窓にあります。

 

経済産業省・資源エネルギー庁によれば、断熱していない窓からは室内の熱がなんと「48%」も外に逃げています。

 

もともと窓は、熱を伝えやすい一枚のガラスとアルミニウム製のサッシからできているものが多く。そのため、いちばん家の中で冷えやすく熱が逃げやすい場所でもあります。

 

ゆえに窓は、家の冷却装置とも呼ばれています。せっかく暖まった空気が窓で冷やされ重くなり、足元にたまります。窓を断熱しないかぎり、いくら暖房してもエネルギーの無駄になるのです。

 

 

 

【暖房時、外へ熱が逃げる割合】

 

窓48%、屋根6%、換気17%、外壁19%、床10%から室内の熱が逃げています(経済産業省 資源エネルギー庁しらべ)

 

 

 

【窓まわりをこうして解決する】

 

一枚のガラスのサッシでなく、複層のペアガラスにかえましょう。これだけで断熱効果がかなりアップします。

 

最近では、今ついている窓はそのままで、室内側にもう一つ窓をとりつける「内窓」という手もあります。結露も軽減するし、防音性もあがり、格段に断熱効果もアップするなどいいことづくめ。

 

・カーテンを厚手にして、床までつくようにする

 

冬はカーテンを厚手のものにして、床までつけるようにします。冷気の侵入をふせぎ、室内の温度を逃がしません。カーテンが短い場合は、外国のようにクッションを置いて隙間をふさぎます。

 

昼間はたっぷりと太陽光で部屋を暖めておき、寒くなる日没直前にカーテンを閉め、室内の熱を逃さないのがポイント。

 

・カーテンレールから冷気の侵入と暖気が逃げないようにする

 

窓とカーテンの間から冷気が侵入しないよう、カーテンレールの上に折り畳んだバスタオルを置きましょう。こうすれば、暖かい空気が上昇気流となり、レール上部の隙間から逃げて行くことも防げます。

 

・窓の隙間から冷気が入らないようにする

 

たてつけの悪い窓は、テープで隙間をふさぎます。扉下にもテープまたはクッションを置き、冷気が室内に入らないようにします。

 

【できるだけ家族で集まって過ごす】

 

家族が別々の部屋で過ごせば、そのぶん光熱費がかかります。居間など一か所にいれば節約にもなります。また、風呂も続けて入ればガスの節約に。

 

 

 

【その他の節電ワザ】

 

・照明は切れたらLEDに交換する
・室内や寝るときにマスクをすれば、暖かいうえに風邪予防になる
・室内でも厚着する。熱を逃がさない
・トイレの便座に暖かいシートやカバーを付ける
・ファンヒーターは窓際で、窓を背にしておく。ただし暖房器具はカーテンから十分離す
・トイレの照明消し忘れを防ぐために、センサーライトにする

 

>>>蓄電池で賢く節電・停電の対策

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ