新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

太陽光発電で自分の電気は自分で作る

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

太陽光発電で自分の電気は自分で作る

 

【住宅用太陽光発電で売電】

 

住宅用太陽光発電システムなら、自分の家で使う電気を自分で作ることができます。

 

また、余った電気は売ることも可能です。

 

固定価格買取制度(FIT)があるので、一定期間は売電単価もかわりません。

 

余剰電力を売る先は、大手電力会社だけでなく、新電力も選べます。

 

固定価格買取制度は、2012年7月からスタートしており、太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスで発電されたエネルギーを、一定期間、固定価格で買い取ることが義務付けられた制度です。

 

なお法律の改正で、今後は電力が買い取れるのは送配電事業者のみに限定される可能性もあります。

 

 

 

【じぶん電力なら無料で太陽光発電を無料設置できる】

 

太陽光発電システムを自分の家に設置したい。けれど、お金がかかる。

 

そこで、日本エコシステムのじぶん電力

 

戸建住宅にかぎりますが、電気の購入先をじぶん電力にすれば、太陽光発電システムを無料で設置してもらえます。

 

毎日使う電気代が安くなるうえ、地球にやさしい生活が手に入ります。地震などの災害による停電時にも、自分の屋根で作った電気が使えるので安心。

 

設置後の保守管理も日本エコシステムがしてくれます。太陽光発電システムは、途中で買い取ることも可能。20年間の契約期間終了後は、無償で譲渡されます。

 

なお、次の地域(北海道・青森県・秋田県・岩手県・山形県・新潟県・富山県・石川県・福井県・沖縄県)は、サービスの対象外となっています。

 

 

 

【電気自動車という選択】

 

太陽光発電システム、電力自由化の先に待っている日本の未来社会に欠かせないのが電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)です。

 

これからの一般住宅は、インターネットにスマートメーター、HEMSといったシステムがつながることで、家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅のスマートハウスになります。

 

電気自動車には蓄電池が積まれています。太陽光発電システムで発電した電気で充電したり、価格の安い深夜時間帯の電気を購入して電気自動車に充電。自然災害時など緊急時は、電気自動車が蓄電池に代わるのです。

 

 

 

【スマートメーター採用で家電と連携が加速】

 

電力自由化によって導入が進むスマートメーター。このスマートメーターが採用した家電連携規格のエコーネットライト。

 

外出先からエアコンを起動させたり、消し忘れたテレビの電源を切ったりすることが可能になります。

 

経済産業省は、HEMSと連携する重点8機器として、スマートメーター、太陽光発電、蓄電池、燃料電池、電気自動車、エアコン、照明機器、給湯器をあげています。

 

>>>寒い冬こそ窓を断熱して節電する

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ