新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

東急電鉄・コープ・HIS(鉄道・小売り・旅行 系)

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

東急電鉄(鉄道)、コープ(小売り)、HIS(旅行代理店)

 

【東急、コープ、HIS(鉄道、小売り、旅行)】

 

既存顧客とのつながりを強めることを目的として、鉄道、旅行、小売りといった様々なサービス業の新規参入が相次いでいます。

 

ただし、自社で発電施設をもっているところは少なく、通信業のように値下げの原資があまりないことも特徴です。

 

 

 

【東京パワーサプライ】

 

東急沿線の利用者のための東急でんき。もともと沿線の商業施設に電力を供給していた東急電鉄が、2015年10月に設立しました。

 

グループ内の東急カード、ケーブルテレビ・インターネットのイッツコムと連携します。自社で発電施設を持たず、市場や他社から電力を調達。

 

 

 

【東急パワーサプライの料金プランの特徴】

 

東急グループの施設やサービスを利用すればするほど得をするようになっています。

 

料金を東急カードで支払うと、毎月ポイントが貯まります。さらにケーブルテレビ・インターネットプロバイダのイッツコムの利用者は、料金が毎月350円割り引かれます。

 

鉄道では、東急線のパスモ定期券を利用してもポイントが貯まります。定期券購入時のポイント付与が2倍になったり、早朝に改札を通過したさいのポイントが2倍、パスモオートチャージ利用時のポイントも2倍に。

 

 

 

【HIS(HTBエナジー)】

 

旅行代理店のエイチ・アイ・エスは、Echange H.I.S.

 

もともと、ハウステンボスの電力供給を九州電力から受けていました。電力が不足すると、一時的に園内のガスタービン発電機を回していました。さらに別府温泉に地熱発電所を建設し、ハウステンボスへの供給もしています。

 

約300店の旅行代理店ネットワークを活かし、HTBエナジーの「たのしいでんき」を全国で販売します(北陸・沖縄・四国を除く)。

 

 

 

【HISの料金プランの特徴】

 

既存電力会社の料金よりも、最低でも5%安いことを保証していること。基本料金、従量料金ともに5%安くします。

 

シンプルでわかりやすいのが特徴です。

 

それ以外は、旅行とのセット割で他社との差別化をはかります。

 

 

 

【コープ(生活協同組合)】

 

組合員向けに販売するコープでんき。再生可能エネルギーを中心に扱います。

 

大阪いずみ市民生活協同組合は、コープでんきの販売を開始。コープさっぽろでは、再生可能エネルギーを供給するトドック電気、市場から余剰電力を購入するエネコープといったブランドがあります。

 

組合員であることが前提ですが、長期契約や解約手数料のないこと、FIT電源を活用して二酸化炭素排出係数が低い電力の提供をめざしています。

 

 

 

【コープの料金プランの特徴】

 

コープさっぽろでは、灯油とのセット割や店舗で使えるポイントの付与、トドックスマホとのセット割などがあります。

 

>>>イーレックス・みんな電力・スマ電(新興電力 系)

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ