新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

キャッシュバックされる申込法

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

キャッシュバックされるPPS申込み方法

 

【8兆円の巨大市場が自由競争に】

 

2016年4月から自由化されたのは、一般家庭や商店など約8兆円に上がる巨大市場。そこで、既存の電力会社と新規参入企業がしのぎを削っています。

 

 

 

【電力自由化の特徴】

 

・好きな電力会社を自由に選べる
・料金プランがたくさんあり、人によっては負担軽減になる
・会社によっては生活支援サービス、トラブル対応などが付いている

 

最大の激戦区である東京電力エリアでは、ソフトバンク、日本瓦斯などがセット割の提携先を拡大中。中部電力や関西電力のエリアでは激安プランでしのぎを削っています。

 

既存の電力会社は、電気や水回りのトラブル解消サービスといった付加価値のついたプランを打ち出し、顧客獲得に動いています。

 

 

 

【自由化新プランの選び方】

 

電力自由化によって、新規参入企業が増え、さまざまな料金プランが乱立しています。

 

だいたいの料金プランは、使用電力量でわかります。まず、あなたの使用電力量を把握しましょう。

 

 

 

【申し込み方法でお得になります】

 

無料ですぐに自分にあったプランを選べる便利なサービスがあります。それが、電気料金の比較サイトです。

 

比較サイトには、エネチェンジや価格.com(カカクコム)があります。ほかにも戸建に限定されますが、太陽光発電システムが無料で設置でき、20年間の契約終了後は無料で譲渡される、じぶん電力もあります。

 

エネチェンジ

 

季節や地域による電気の使い方の違いを考慮して、最適なプランを提示してくれます。電気代だけでなく、付与されるポイントなども加味した割引額を比べることができます。

 

新電力を含む51の電力会社、314の電気料金プランが比較できます。

 

価格.com(カカクコム)

 

40社、272の料金プランから電気料金を比較できます。契約期間ごとに最安のプランを表示。指定プランの契約・利用で、最大2000円のキャッシュバックも受けられます。

 

手持ちの家電の電気代を検索できる機能もあります。

 

 

 

【電気料金以外のメリット】

 

電力の料金形態は三段階に分かれています。電気の使用量が少ない家庭では利益が出ないから、その分をたくさん使う家庭で補っている形です。

 

新電力も、電気をたくさん使う家庭から利益を得る仕組みです。そのため消費電力の少ない一人暮らし、家にいる時間の少ない共働き世帯では、採算がとりにくく。

 

では、電力消費量が少ない家庭は新電力に乗り換えるメリットはないのでしょうか。

 

いいえ、いま使っている携帯・スマホとのセット割や、対象エリアに住んでいることで選べるプランは、一人暮らし・共働き世帯にもメリットがあります。

 

他にも、電気の使用量に応じてポイント還元をするPontaポイント、Tポイントも魅力的です。

 

>>>複数業者の無料一括見積りが得

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ