新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

JXエネルギー・東燃ゼネラル石油(石油元売り系)

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

JXエネルギー、東燃ゼネラル石油、昭和シェル石油(石油元売り系)

 

【石油元売り系は料金面で強み】

 

都市ガス会社と同様、自社の発電施設を活かして参入してきた石油元売り系。

 

もともと石油各社は、原油や天然ガスを輸入しているため、発電所をもつところが多いのが強みです。

 

なかでもJXエネルギーは、電力の小売りに積極的です。

 

自社で発電できるため、電気料金が安くできるうえ、ガソリンスタンドで消費者の知名度も高く。さらにセット割も魅力的です。

 

 

 

【JXエネルギー(ENEOSでんき)】

 

2003年から10年以上、電力事業をおこなってきたJXエネルギー。これらの発電設備を活かし、家庭用電気のENEOSでんきの販売を開始しています。

 

 

 

【JXエネルギー(ENEOSでんき)料金プランの特徴】

 

使用量が増えれば増えるほど料金がお得になるプランが特徴のENEOSでんき。利益のとれる家庭を明確に狙っています。

 

長期割引「にねんとく割」あり。ただし、2年たたずに解約したり、更新月以外の月に解約すると、解約料がかかります。

 

ガソリン割引は、ENEOSでんきの料金をENEOSカードで払うと、ガソリンが1リットルあたり1円安くなります。Tポイント付与もあります。

 

全日本航空やJR東日本、三越伊勢丹グループなど6社と提携し、各社のクレジットカードで料金を支払うと、ポイントを通常よりも多く付与する特別提携カードポイント優待もあり。

 

 

 

【東燃ゼネラル石油(myでんき)】

 

エッソ、モービルなどのガソリンスタンドを経営する東燃ゼネラル石油は、myでんきで参入。発電所をつくる電源開発と小売りを組み合わせます。

 

神奈川のLPガス事業者トーエルと独自のセット割などあり。

 

 

 

【昭和シェル石油(ガソリンが10円/L安くなる電気)】

 

2008年から電力を販売してきた昭和シェル石油。京浜バイオマス発電所、東京ガスと共同でLNG火力発電所を増設するなどして、発電能力を拡大しています。

 

 

 

【昭和シェル石油の料金プラン】

 

ガソリンが10円/L安くなる電気で、ドライバーズプランを販売しています。エリア内の系列スタンドにて、登録したクレジットカードで給油代金を支払うと、ガソリンが1リットルあたり10円、軽油なら5円割引になるサービスです。

 

さらに月600kWhなら電気代もお得。

 

 

 

【出光グリーンパワー株式会社】

 

出光興産は東京ガス、九州電力と千葉県袖ケ浦市で石炭火力を建設。今後、小売での販売をはじめます。すでに電源開発では供給実績があります。

 

 

 

【コスモ石油株式会社】

 

コスモ石油株式会社は、電力供給を資源エネルギー庁へ申請している新電力事業者です。

 

低電圧の電力小売りへは参入していないものの、大手都市ガスや電力会社と提携し、電源開発に取り組んでいます。

 

>>>ソフトバンク、KDDI、その他

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ