新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

停電が増え、電気の質が変わる

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

停電が増える、電気の質がかわる、スマートメーターは有料か

 

ここでは、電力自由化でよくある質問と疑問を紹介します。

 

【電気の質は変わるの?】

 

変わりません。電気に色がついているわけではないので、見分けもつきません。

 

そもそも、どの発電所で作られた電気も電線の中で混じるので、品質も同じです。

 

通信会社や商社など、新たに参入してきた会社の中には、自分たちの工場で電気を作って売る会社もあれば、大きな会社から電気を買い取って売るところもあります。

 

電力の取引市場から仕入れたり、自治体のごみ焼却場などで発電する電力を仕入れたり、他社の大規模自家用発電機などから仕入れます。

 

自由化によって、仕入れることができれば業種に限らず電気を売ることができるようになりました。問屋から仕入れた商品を売る小売店のイメージですね。

 

電気はいままでどおり、9電力(10電力)の電線を通じて、届けられます。

 

 

 

【停電が増えるのではないか?】

 

停電が増えることはありません。確かに、激しい競争によって小さい会社がつぶれることは増えるでしょう。

 

政府は、そんな時のためにセーフティネット(安全策)を張っています。

 

事故など発電所のトラブルで十分な電気を確保できなくなった場合、大手電力がその分を助け、代わりに電気を届けてくれます。

 

 

 

【電力会社を大手から小さいところにかえると停電が増えないか?】

 

電気が家までに届く経路はいままでと同じです。だから、停電が増えたり、供給が不安定になることはありません。

 

自由化イコール停電というイメージは、2000年にカリフォルニアで起きた大規模停電が根源にあります。経営の悪化していた企業が、電気を売り渋ったため、州内で輪番停電になりました。

 

 

 

【新電力の切り替えは大変?時間はかかる?】

 

新電力の切り替えは、新たに使う切り替え先ので電力会社に連絡します。あとの手続きは、新たな電力会社が行ってくれます。

 

切り替えの作業自体は、1時間程度で終わります。ただし、申込みから切り替えに必要な期間は、スマートメーターが設置されていれば数日、未設置の場合は2週間程度です。

 

 

 

【スマートメーターは有料で購入するの?】

 

基本、無料です。スマートメーターへの交換にかかる費用負担や工事の手配の必要はありません。

 

 

 

【電力会社をかえなければスマートメーターも交換しなくていいの?】

 

電力メーターは、従来のアナログ式からデジタル方式に移行します。

 

そのため、いつかはスマートメーターに交換することになります。また、耐用年数を迎えたものは、スマートメーターに切り替えなければいけません。

 

なお、工事は新たに契約した電力会社から依頼を受けた居住地域の送配電事業者が行います。

 

>>>オール電化住宅もお得になるか

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ