新電力ナビ【電力自由化で損をしない会社の選び方】

スマートメーターのお得な活用法

【無料】賢く新電力業者を探すのならエネチェンジでいますぐ比較!

電力会社を替えるだけで年間1万円以上も電気代が安くなるチャンス!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を無料で比較するなら、いますぐエネチェンジ!

スマートメーターのお得な活用法

 

【スマートメーターとは】

 

新電力と切っても切れないものがスマートメーターです。

 

従来のアナログの電力量計ではなく、測定方式がデジタル化されたうえ、通信機能も搭載しています。だから、検針員が毎月、使用した電力量を調査する作業が不要になります。

 

2024年頃までに全世帯へのスマートメーター導入が完了するといわれています。

 

 

 

【スマートメーターの特徴】

 

スマートメーターは、通信機能を搭載しています。

 

無線通信や電力線通信を使った「Aルート」なら最短30分ごと、家庭内に設置した機器を使って検針データを直接取得する「Bルート」を使えば、最短1秒ごとの使用電力量データが取得できます。

 

電気の見える化がされることで、利用者の省エネへの関心も高まります。

 

 

 

【HEMS(ヘムス)】

 

スマートメーターから直接データを取得できる機器がHEMS(ヘムス)です。Home Energy Management Systemの略。

 

エアコン、冷蔵庫など家庭内で使う電力などのエネルギーを集約して管理します。いままでは、家庭内の使用電力量や太陽光発電の発電量を見るために導入されていました。今後は、スマートメーターと連携できるモデル(SMA認証HEMS)が増えるでしょう。

 

パナソニックのHEMS機器「AiSEG(アイセグ)」は、スマートメーター対応オプションを用意する見込みになっています。

 

 

 

【Bルート利用には申込が必要】

 

スマートメーターのデータをHEMSで直接取得する経路がBルートです。リアルタイムの使用電力量を測定でき、さまざまなサービスへの応用がされると期待されています。

 

東京電力の場合、でんき家計簿からBルートサービスを申請しなければなりません。

 

 

 

【実測データから最適プランを割り出す方法もある】

 

Bルートから得られる使用電力量データで最適な料金プランを診断してくれるサービスもあります。

 

たとえば、国際航業のエネがえる。1ヶ月間の詳細な測定データをもとに、年間の使用電力量を予想します。

 

他社にも料金プラン診断サービスがありますが、エネがえるはじっさいのデータをもとに最適プランをはじき出すので詳細な分析が可能です。

 

 

 

【家族の見守りもスマートHEMSならできる】

 

人が生活すれば電気の使用料が増えます。誰かが家にいる証にも。

 

パナソニックのスマートHEMSは、子供の帰宅情報など、家族の状況をスマートフォンで確認できます。離れて暮らす親の生活状況もチェックできます。

 

NTT東日本のフレッツ・ミルエネには、Bルートのデータを基に家族を見守るサービスもあります。

 

家庭内の使用電力量が変化した場合、メールを自動送信する機能が搭載。設定次第で、離れて暮らす親の無事を確認したり、子供が帰宅したことを知ることも可能です。

 

 

 

【節電特典】

 

NTTぷららは、依頼に応じて節電してくれた利用者にポイントをプレゼントするサービスの試みをしています。

 

>>>デマンドレスポンスの可能性

【無料】こうすれば安くなる!複数業者を無料で比較!

いま電気代を見直さないと損をしているかも!
たった1分で最大51社から見積もりがとれます。

>>新電力(PPS)を検討するなら、エネチェンジで比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ